美術講座「日本の伝統工芸と染色」

染め師の西 耕三郎先生に、染色について学ぶワークショップと講義です。

午 前:
日本古来の染めの手法を使った布の染色体験
(参加者持ち帰り。ハンカチやスカーフとして使えます。)
午 後:
講義(染めの技法と日本文化に関するお話、江戸・明治の貴重な型の紹介など)

※画像は講師の西先生の作品の写真です。

会期
①2023年9月16日(土)②9月23日(土)
開館時間
10:00-14:00
主催
株式会社21世紀文化芸術研究室
作家情報
西 耕三郎(にし こうざぶろう)
今年90歳を迎えた現役の染め師。幼少の頃より、江戸型染の職人の父、荻田繁蔵に染めを習う。川口の地で独立して間もなく70年。独自の手法“糊纈”(こけち)染めを考案するなど、独自の感性と伝統の染め技法を今に伝える。
関連情報
対 象:
①9/16:中学生以上(大人も可)、②9/23:18歳以上
定 員:
各回20名
参加費:
中高生2,000円、大人3,000円
※こちらのイベントは終了いたしました。