ATLIA FOR KIDS ATLIA STAFF BLOG
アトリアサポートスタッフ周辺文化施設リンク
トップ > 展覧会 > 開催中/開催予定

開催中・開催予定/NOW AND FUTURE

開催中/NOW
ただいま準備中です。
企画展 アートで解明!空気の正体 3月11日(土)~5月14日(日)
公募 第7回 新鋭作家展 出展作家募集 4月11日(火)~6月4日(日) 必着
ただいま準備中です。
共催展 第12回川口市美術家協会選抜展 6月21日(水)~7月2日(日)
ただいま準備中です。
共催展 川口市小・中・高硬筆展覧会 7月5日(水)~9日(日)
ただいま準備中です。
企画展 第6回新鋭作家展 影⇆光 7月15日(土)~8月31日(木)
ただいま準備中です。
開催予定/FUTURE
共催展 第12回川口市美術家協会選抜展 6月21日(水)~7月2日(日)
共催展 川口市小・中・高硬筆展覧会 7月5日(水)~9日(日)
企画展 第6回新鋭作家展 影⇆光 7月15日(土)~8月31日(木)
企画展第7回 新鋭作家展 出展作家募集
新鋭作家展
募集期間 4月11日(火)~6月4日(日)
募集は締め切りました
 主 催 川口市教育委員会
 企 画 川口市立アートギャラリー・アトリア

〈新鋭作家展〉は川口市立アートギャラリー・アトリアが企画する公募展で、文化芸術の振興と新鋭作家の発掘・育成を目的としています。優秀者には制作補助費が贈られ、翌年の〈新鋭作家展〉において企画参加の機会が与えられます。これまで当館はアーティストとの協働のもと、地域への取材に基づいた作品やプロジェクトワーク、公開制作や参加型作品を構想するほか、ワークショップや講座など様々な企画を実施してきました。市の文化振興においてはアートの視点に触れることで新しい展開を見出す機会となり、またアーティストにとっては多様な要素を取り入れることで表現を高めるとともに新たな活動の場・機会を得るきっかけとなっています。これを踏まえ、本展では人・場所・地域に関係していくことで新しい価値・視点の提示を目指すアーティストを公募します。 これからのアートシーンを担う、意欲ある新鋭作家のみなさまのご応募をお待ちしています。

応募資格

・新進気鋭のアーティスト、またはアーティストを目指し継続的に活動する意欲がある方(ユニットやグループでの応募可)。
・展示だけでなく、人・場所・地域に積極的に関わる様々なアート活動に意欲がある方。
・選出後、翌年の〈第7回 新鋭作家展〉までの間主催者とやり取りしながら作品制作および関連イベント等の遂行に向けて行動ができる方。
・日本語でのコミュニケーションができる方。

応募方法

応募書類は郵送にて受付しています(開館中であれば持参可)。

応募要項をダウンロード応募要項をダウンロード

審査員

前山裕司(埼玉県立近代美術館学芸員)
村田 真(美術ジャーナリスト/画家)
住友文彦(アーツ前橋館長)

優秀賞

主催者は優秀者に協力し、展示・そのほかの活動を含めた展覧会を1年かけてともにつくりあげていきます。
2名(組)の優秀者には、翌年の〈第7回 新鋭作家展〉における企画参加の機会と制作補助費としてそれぞれ40万円が贈られます。

応募期間は終了いたしました。

一次審査通過者(入選者)は7月1日に発表いたします。
入選者は9月9日(土)〜24日(日)に開催される二次審査(プレゼンテーション公開展示)に参加します。

一覧へもどる
共催展第12回川口市美術家協会選抜展
第12回川口市美術家協会選抜展
展覧会期2017年6月21日(水)~7月2日(日)
開館時間10:00~18:00
観 覧 料無料
 主 催 川口市美術家協会

川口市美術家協会の委嘱以上の作品を展示。日本画・洋画・彫刻・写真・工芸・書、各分野の作品を展示します。

一覧へもどる
共催展川口市小・中・高硬筆展覧会
川口市小・中・高硬筆展覧会
展覧会期2017年7月5日(水)~9日(日)
開館時間10:00~18:00
観 覧 料無料
 主 催 川口市教育研究会書写部

市内学校で制作された優秀作品および県展覧会出品・入選作品を展示します。

一覧へもどる
企画展第6回新鋭作家展 影⇆光
アートで解明!空気の正体
展覧会期 2017年7月15日(土)~8月31日(木)
開館時間 10:00~18:00(土曜日のみ20:00まで開館)
観 覧 料300円(会期中何度でも入場いただけるパスポート制)
・高校生以下無料
・65歳以上の方、障害者手帳をお持ちの方と付添1名は半額
出 品 者佐藤史治+原口寛子・金沢寿美
 主 催 川口市教育委員会

何かに「光」があたってはじめて見えると思われがちな「影」。でも、本展ではちょっと視点を変えて、先に「影」が見えつつその中にある「光」にハッとさせられる作品をご紹介します。影絵が動く映像を見ているうちに背景の光に隠されたヒミツに気付いたり、黒鉛筆で塗りつぶされた紙のわずかな余白が星の光に見えたり…。アート作品を通じて、影と光を行ったり来たりするようなちょっと不思議な体験をしてみませんか?その先に、新しい感覚がひらかれてくるかもしれません。

佐藤 史治+原口 寛子

佐藤 史治+原口 寛子(さとう ふみはる+はらぐち ひろこ)

2011年に結成したアーティストユニット。2人の間で起きるコミュニケーションの齟齬をベースに、映像を用いてそれを解消又は顕在化させる作品を制作。本展では川口市内で入念なフィールドワーク・リサーチを行い、街中の街灯やネオンなどの光を取材。撮影した動画を光源とした影絵の映像等を発表。

金沢 寿美

金沢 寿美(かなざわ すみ)

1979年兵庫県生まれ。個と集団の「間にある世界」をテーマに、両者を行き来するようにして生まれる独自の世界観を壮大なインスタレーションによって表現する。本展では新聞紙や来場者から集めた紙に、10Bの黒鉛筆を使って「星空」を描き、大きな空間を活かした作品を発表。

企画展関連 星空のもと 大募集

5月20日(土)~7月9日(日)

作家:金沢寿美(本展出品者)

あなたの日常の中にありふれた紙がアーティストの作品になります!日々何気なく取ってあるけれど不要になっている「紙」をご持参いただき、館内の特設箱にご投函ください。集められた紙は鉛筆で塗りつぶされまるで「星空」のように生まれ変わります。星空をつくり出す作品の素材募集にぜひご協力ください。
(例)何かをメモした紙、手紙、何かの証明書、当日たまたま持っていた紙など。

【注意事項】
・ご応募いただいた紙は作家によりドローイングが施され、企画展作品の一部になります。
・素材に記載されている個人情報の公開・目的外使用はいたしません。伏せておきたい情報は受付の鉛筆で塗りつぶしご投函ください。
・素材は返却できません。
・使用の可否については作家が判断いたします。企画の主旨に沿わないものや紙質によりドローイングできないものは使用できません。衛生的ではないもの、湿気や臭気を帯びているもの、投函口に入りきらないものは受付できません。

企画展関連 ぬりぬり・みんなで星空を描こう

6月13日(火)・14日(水)・15日(木)
13:00~17:30

講師:金沢寿美(本展出品者)

詳細をみる

ワークショップ 消して、見る 星空ドローイング

7月22日(土) 17:30~19:30
講師:金沢寿美(本展出品者)

詳細をみる

ワークショップ まちの灯りと影であそぼう!

7月30日(日) 13:30〜15:30
講師:佐藤史治+原口寛子(本展出品者)

詳細をみる

一覧へもどる
トップに戻る/Go to top